空港でできる海外wifiの手続きにはどのようなものがあるのか

海外旅行に欠かせないアイテムとして重要視されているのが、海外wifiですよね。

海外wifiはレンタルサービスとして利用されているため、事前の申し込みや受け取り・返却などの手続きをしなければいけません。

特に受け取りや返却の手間は面倒くさいと感じる人が多いですが、実は空港でそれらの手続きをすることができるのです。

そこで今回は、空港でできる海外wifiの手続きについて解説します。

そもそも海外wifiとは何か?

まず海外wifiとは、海外でもインターネットに接続することができるようにする機器のことを指しています。

この海外wifiがないと海外でインターネットに接続することができないため、スマートフォンやタブレット、ノートパソコンなどのデバイスの機能を制限されてしまうことになります。

もちろん海外wifiを利用する以外にもインターネットに接続する方法はいくつかあるのですが、その場合は費用が高くなってしまったり回線が遅くなってしまうなど日本で利用する場合と比較するとデメリットが目立ってしまうのです。

このため日本と同じようにスムーズにインターネットを利用したい場合には、海外用のwifiを利用した方がいいと考えられています。

ちなみに海外wifiはモバイルタイプなので持ち運びがしやすく、ポケットやバッグなどに入れて持ち歩くという使い方が一般的です。

またレンタルサービスとして提供されていることがほとんどなので、海外旅行に行く前に受け取って帰国してから返却するというスタイルになっています。

海外wifiは空港で受け取りや返却が可能

そんな海外wifiは一般的に旅行に行く数日前に業者に申込をした後、郵送や業者の受付などでモバイルwifiを受け取ることが多いとされています。

そして返却も郵送や業者の受付などで行われるようになっているため、いちいち受け取りや返却をしなければいけないという手間がデメリットと考えている人もいるようです。

実は海外wifiは提供している業者によっては空港で受け取りや返却をすることができるため、海外旅行の片手間として手続きをすることも可能とされています。

やり方としては空港で受け取りや返却ができる海外wifiの業者を選び、事前に申込をしておくだけです。あとは当日に空港の海外wifiに関するカウンターで受け取りをするだけですし、帰国した後はカウンターに返却をすればほかに手続きは必要ありません。

ただし海外wifiの業者によっては、行きと帰りの空港が異なってしまうと受け取りはできても返却の手続きができないことがあるようです。

またカウンターの営業時間と旅行の出発・帰国時間が合わないとカウンターで手続きできないこともあり、事前にそれらの点は確認しておかなければいけません。

当日空港のカウンターでもレンタルの申し込みができる

ほかにも空港でできる海外wifiに関する手続きとして挙げられているのが、当日にレンタルの申し込みができるというものです。

一般的に海外wifiの申し込みは遅くても出発の前日までに申し込みをしておかなければいけないのですが、どうしても手続きが間に合わなかったり忘れてしまうということがありますよね。

そのような人のために、空港のカウンターでは当日でもレンタルの申し込みができるようになっています。 ただしすべての海外wifiの業者が当日レンタルができるというわけではないため、どうしても指定の業者のものを利用したいという人は事前に予約をしておくことがおすすめだと言われています。

ちなみに当日レンタルの申し込みをする場合、空港によって期限が異なります。そのため必ず当日レンタルできるというわけではないため、事前に予約の申し込みをしておく方が確実です。

それでもレンタルの申し込みができなかった・忘れてしまったという人は、空港のカウンターに問い合わせて当日申し込みができるかどうか確認しておくと安心ですよね。

空港では海外wifiに関するサービスが受けられる

このように海外wifiの業者に申込をしておけば、空港でモバイルwifiを受け取ったり返却することができます。

さらに業者と空港によっては当日レンタルの申込もできるため、万が一の時でも安心して利用することができます。

ただし海外wifiの受け取りや返却に関しては業者や空港によって時間帯などの対応が異なってくるため、事前の予約や確認をしておくことが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です