海外旅行で必要なお金はどこで両替すればよい?

海外旅行で必要な現地通貨は、どこで両替すれば一番お得になるのでしょうか。

初めて訪れる旅行先であれば、いくら両替をすればいいのか迷うことも多いです。現地でお金が足りなくて困ることがないように、事前に準備をすることが必要になってきます。

ここでは、両替する金額の目安から両替する場所について詳しく紹介します。

旅行で必要になる金額の目安とは

現金の準備を忘れずに 海外旅行にクレジットカードを持って行く方も増えていますが、地元の方が利用するお店や屋台などはクレジットカードに対応していないお店も多いです。

またセキュリティ面でクレジットカードを使うのが心配というエリアもあります。

現地通貨の現金はどんなシーンでも不可欠になることが多いので、準備をしましょう。  まずは1日に必要になる金額を計算しましょう。

必要になってくる現金は、ツアーや個人旅行かどうかによっても大きく異なります。ツアーの場合には使う費用は食事の費用やお土産代ということがほとんどですので、それらを元に必要経費を算出しましょう。

個人旅行の場合には、交通費、入場料、食費、土産代などさまざまな費用を支払うことになります。現金しか使えない場所もありますので多めに現金を用意しておくと安心です。

1日にかかってくる費用がわかったら、滞在する日数分がトータルで必要になる金額になります。その金額を目安に両替をしておきましょう。

両替はどこでするべきか

両替ができる場所は、銀行や私設両替所、空港などが挙げられます。

両替は、毎日の為替レートによって変動し、その上に手数料が加わった金額で両替することが可能です。

銀行は9時〜15時の間に手続きをする必要がありますが、私設両替所や空港はいつでも交換できることできます。

金券ショップなどでは、ネット通販で自宅まで外貨を届けてくれるサービスも人気です。なかなか銀行に行けないという方は、それらを利用するとよいでしょう。

レートはお店のホームページなどでも表示されているので、レートがよいお店を選ぶのもコツです。

私設両替所では、訪日外国人向けにさまざまな通貨を用意して、営業時間内であればいつでも交換できる手軽さがあります。街中では、数カ所あることがあるのでレートを必ずチェックしましょう。

現地で交換するべき通貨

ドルやユーロなど日本での流通量が多い通貨を両替する場合、日本国内で交換していく方がレートがよいケースが多いです。

ドルやユーロであれば、どこで両替してもそこまで差が出ることはありません。一方、アジアの通貨や流通量が少ない通貨は、日本で扱う銀行や両替所が少ないというデメリットもあります。レートもよいとは言えません。

現地の両替所で両替する方がお得というケースが多いので、ドルが使える国であれば少しドルで両替をし、現地通貨は現地に到着してからという方法が最適です。

現地ですぐに移動などで使いたいという方は、少なめに両替しておくと損をしません。

現地では、外国人が両替できる両替所が多くありますので、利用してください。現地で両替するときには、一緒に数を確認するなどして、ごまかされないようにしましょう。

現地を歩いていると、両替商が声をかけてくることもあるかもしれません。事前に知っている両替所以外のところで両替すると、レートが低かったり、札の枚数を少ない数で渡されることもあります。騙されないように少額づつ交換するのもポイントです。

現地の空港やホテルはレートが高いため最低限の利用をお勧めします。

両替はどこですべき

旅行先で必要になる通貨は、日本と海外の現地でする方法があります。

ドルやユーロは日本国内で交換していくとレートもよく安心です。流通量が少ない通貨は、必要最低限を日本で交換し、残りは現地で両替所を利用しましょう。

日本では、銀行や両替所などありますが、空港で出発する前に交換するよりも事前に交換しておくのがお得です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です