選択肢は色々!海外旅行者保険の加入方法について知っておこう!

海外に旅行する場合、迷うことの多いものの一つとして海外旅行者保険の加入が挙げられます。

加入の手続きや方法の選択肢が豊富なため便利と言えますが、その反面、実際の手続きをどうしようかと頭を悩ませる人も多いかもしれません。

ここでは、代表的な加入方法の中から利用の多いものをいくつか紹介しますので、海外旅行の際は参考にして下さい。

旅行代理店で加入しよう

海外旅行に行く場合、パッケージツアーなどを利用する人も少なくありません。航空チケットの手配から宿泊先にいたるまで、旅行代理店が用意してくれるので、とても楽ですよね。

特に海外旅行が初めての場合や、よく知らない国を旅行先に選ぶ場合には、とても心強い味方と言えるのではないでしょうか。

ツアーを利用し、海外旅行者保険のみ、自力で用意する必要が出てくると、手続きを忘れてしまったり、負担となってしまい後回しにしたりといったことになりかねません。したがって、ツアーを利用する場合には、旅行代理店に海外旅行者保険について尋ねてみることも一つの手です。ツアーと一緒に手配してくれる場合もありますし、旅行先に合ったオススメのプランを教えてくれる場合もあります。

上手く行けば、海外旅行についての諸手続きを旅行代理店という一つの窓口で完結出来るというメリットにも繋がりますので、ツアーを利用する場合には、旅行代理店を利用するのも有効と言えますよ。

クレジットカード付帯の保険を利用しよう

クレジットカードをお持ちの場合は、付帯している海外旅行傷害保険を利用することも選択肢の一つと言えます。

カード付帯の保険を利用する大きなメリットと言えば、やはり料金面が挙げられますが、その反面、注意しなくてはいけないのが手続きや利用方法です。

旅行先となる国が保険の対象となっているかどうかといった点を含め、補償内容を確認することは欠かせません。また、付帯する保険を利用するための条件をしっかりと理解しておく必要があります。

保険の利用条件が無い場合には問題ありませんが、カード付帯の海外旅行傷害保険を利用出来る条件が細かく決められている場合には、きちんと手順を踏み、条件を満たす必要があります。

曖昧なままでいると、利用出来ると思っていたのに手続きが完了しておらず、肝心な時に使えないといったことになりかねないので注意が必要です。

また、保険の対象となる範囲がカード名義の本人のみなのか、家族もカバー出来るのかといった点も、しっかり確認しておくことが大切なポイントと言えます。

空港で加入しよう

旅行の日程前は準備に追われ、海外旅行者保険の手続きまで手が回らなかったということもありますよね。けれど、そんな場合にも、まだ保険加入のチャンスはあります。

旅行の出発当日、空港で加入する方法です。主要な国際空港では、出発当日に空港で海外旅行者保険に加入することが出来ます。

海外旅行の場合は、フライトの何時間も前に空港に行き、手続きをすることが多いですよね。

少し余裕を持って早めに家を出れば、航空カウンターも空いていますし、空港で保険加入の手続きを済ませることが出来ますから一石二鳥かもしれません。

余計な時間をとられることなく、隙間時間を利用出来るというのはとても便利です。また、出発当日なので、旅行に必要な書類を所持しており、わざわざ用意するといった手間がかからない点も魅力ではないでしょうか。

ただ、空港によっては、利用出来る保険の種類が限られていることもあるので、不安な場合は確認しておくことも大切です。

その時々で利用しやすい加入方法を選ぼう

海外旅行者保険の加入方法は色々あります。

どうしようかと迷ってしまったり、時間や手続きの余裕がなかったりすると保険に加入しないまま海外へと出発することになりかねません。

けれど海外旅行者保険の加入は、旅行前から出発当日まで可能です。様々な方法があることを知れば、自分に合った方法を見つけられる可能性も上がりますよね。旅行や自身のスケジュールに合わせて、その時々で利用しやすい加入方法を選ぶことが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です