飛行機で預けるスーツケースにベルトは必要か

旅行グッズを眺めているとスーツケース用のベルトがよく販売されています。海外旅行に行くときに飛行機で預けるスーツケースにはベルトを付けた方が良いのかもしれないと思う人も多いでしょう。

つけておくメリットにはどのようなものがあるのかを理解し、海外旅行のために購入するのがベストかどうかをよく考えてみましょう。

ベルトは安全策として付ける場合が多い

スーツケースのベルトは安全のために付ける方が良いと考えられています。

スーツケースを飛行機で預けるときに、万が一にも蓋が開いてしまったら中身が飛び出てしまうでしょう。このようなトラブルが起こった場合にどのように対処してくれるかは国や空港によって違います。

中身を適当に詰めてくれれば良い方で、問題のあった貨物として空港に保管されてしまい、到着した空港には届かないことすらあるのです。

鍵をかけておけば簡単には開くことはないと思うかもしれませんが、アメリカのように保安のためにスーツケースを開いて検査する国もあります。この際に鍵をかけていると壊されてしまうこともあるのです。

このような状況を考えるとベルトを付けておけば二つの意味で安全策になります。まず、うっかり開いてしまうリスクがなくなるので荷物が失われることはほとんどなくなるでしょう。

もう一つは盗難のリスクも低減させられることです。手荷物の受け取りの際に盗難に遭うといったケースもないわけではありません。特に入国に手間取っているうちに、先に入国した人に荷物を取られて中身を漁られてしまう可能性は否定できないでしょう。

その際にベルトがあるだけでほどく、締めるという二つのプロセスが余計に必要になるため、盗みを働こうとしている人が候補から外してくれる可能性が高いのです。このような観点からもベルトを付けておくのにはメリットがあります。

ベルトを付けるとおしゃれもできる

ベルトにはおしゃれできるというメリットもあります。スーツケースに合うおしゃれなベルトを付ければ見栄えがするようになります。

スーツケースを引いて街中を歩いているときに、人目を引くようになるかもしれません。持ち歩いているものもファッションの一つとして考えている人はベルトもファッションの一部と考えて魅力的なものを探してみるのも良いと言えます。

また、目印という意味でもベルトは役に立ちます。全く同じスーツケースを使用している人がいても、ベルトが違えば一目で判別できるからです。手荷物の受け取りのときには特に自分の荷物を見つけ出すのに苦労する人がいますが、ベルトをしておけば見つけるのが簡単になるでしょう。金色や銀色などの目立つベルトがたくさん販売されているのは、目印としての目的で使いたいと考えている人のニーズにも応える意味合いがあります。

安全策としても使えると考えると一石二鳥になるでしょう。

現実的には付けていない人も多い

実際に空港に行ってみるとスーツケースにベルトを付けている人はあまり多くないのが事実です。

実は日本では昔からスーツケースにベルトを付ける人が多い傾向があって、国内の空港ではしばしばベルト付きのスーツケースを見かけられます。

しかし、海外では事情は異なり、あまりベルトはポピュラーではありません。そのため、目印やおしゃれという観点ではメリットが大きいですが、必要性という観点で考えてみると必ずしも無理してまで付けなくても良いと言えるでしょう。

必要かどうかは自分で判断して決めよう

スーツケースのベルトは世界的に見れば付けない人が多いので必要性が高いとは言えないのは事実です。

しかし、安全策としても目印としても有用なので海外旅行のときには準備しておいて損はありません。おしゃれをしたいという人にも魅力的な旅行グッズの一つになります。

ベルトが本当に必要かどうかは最終的には自分で判断しなければならないので、よく考えた上で付けるかどうかを決めましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です