海外旅行先で役に立つフリーwifiの現状を知っておこう

海外旅行のときには現地でフリーwifiを使えると簡単にインターネットにアクセスできて便利です。

現状として簡単にフリーwifiスポットを見つけられるのでしょうか。国によって事情もかなり異なるので予め情報収集をした上で訪れる必要はありますが、フリーwifiが使いやすくなっているのかどうかを全体的な傾向としてまず把握しておきましょう。

欧米ではフリーwifiは縮小傾向

欧米に旅行に行きたいと考えている人は現地ではなかなかフリーwifiを利用できない可能性があると考えておきましょう。

wifiが広まったかなり初期から欧米では各所にフリーwifiスポットができました。空港やホテルだけでなくカフェやショッピングモール、さらにはファーストフード店などでも利用できるようになったのです。 今でも空港やホテルでは利用できる場合がほとんどですが、カフェなどでは完全にはフリーではなくなってきています。

ただ注文をして店内に入れば使えるのではなく、会員登録などが必要なケースが増えてきているのです。

無料で登録すれば良いだけの場合が多いものの、広告メールなどを受信せざるを得なくなってしまうので注意しましょう。

アジア圏では増える傾向

海外旅行先としてアジア圏も人気があります。

中国や韓国などの近隣国ではフリーwifiスポットが増えてきていて、街中を歩いていればちょっとお店に入るだけでwifiを利用できるのが一般的です。

ただし、都市部での状況であって、地方に行ってしまうとほとんど見つからないこともあります。観光客を集める意図もあってフリーwifiが充実する傾向が生まれているので、有名な観光スポットに行くときには問題なくフリーwifiを見つけられるでしょう。

ただし、まだ発展途上でフリーwifiが広まっていない国もあります。特に東南アジアや西アジアになると国によってかなり事情が違うので、事前にどの程度広まっているかを確認しておいた方が無難です。

フリーwifiの速度について知っておこう

日本国内の場合にはフリーwifiでもかなり高速なことがありますが、遅くて使い物にならないという経験をした人もいるでしょう。

海外旅行先でフリーwifiを使おうと思っている人は、ストレスなく使えるのかどうかも知っておいた方が役に立ちます。

無料なら誰もが使うというのは確かに本当で、会員登録なども必要なく利用できるスポットに人が集まっているとかなり遅くてメールの受信にすら時間がかかってしまうのが実情です。

逆に会員登録が必要なカフェなどで利用すると比較的速度が確保されていて、ストレスなくSNSなどを使って写真をアップロードすることくらいできます。スポットの混み具合と会員登録の必要性の有無が速度に影響していると覚えておきましょう。

フリーwifiを使うならセキュリティーも考えておこう

海外でフリーwifiを使うときにはセキュリティーもよく考えておくことが大切です。

同じスポットにアクセスしている人にハッキングするような人がいる可能性も否定はできないからです。気づいたら重要なパスワードを盗まれていたり、ウイルスなどを送り込まれていたりするリスクもあります。

海外旅行先には国内よりもバリエーションに富んだ人たちがいるのでセキュリティー対策をしておきましょう。

一般的なセキュリティーソフトをパソコンやスマホ、タブレットなどにインストールしておくだけでも十分です。悪意のある人がもしかしたら近くにいるかもしれないと考え、特に治安があまり良くない国に行くときには十分な対策を立てた上で使うようにしましょう。

フリーwifiは安全かつ上手に活用しよう

海外では国によってフリーwifiの普及度が異なり、縮小傾向にあるか、拡大傾向にあるかも違っています。

上手に活用すれば現地での行動を楽しく便利にすることができますが、ハッキングなどのリスクもあるのでセキュリティー対策をした上で利用しましょう。

通信速度に関してはケースバイケースなので、無料だから多少は遅くても仕方ないと思って使うのが賢明です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です