海外旅行に行くならVisa payWaveを使おう

海外旅行に行った時にはお金に悩まされがち、支払いでトラブルに見舞われることも多々あります。

支払いは現金ではなく電子マネーを使うと、余計な手間がなくなってスマートな決済が可能です。

対応カードを持っていれば海外で使える「Visa payWave」という電子マネー、その特徴やメリットを知っておけば賢くお金を使う方法が見つかることしょう。

あまり知られていない世界で使える電子マネー

Visa payWaveの特徴は世界規模で対応していることで、これを使うだけで多くの国で現金いらずの生活が可能です。

後払いのためクレジットカードと同じような感覚で使え、手にした時からすぐに利用できる点もメリットです。

プリペイド式の電子マネーとは違って事前チャージの必要がなく、支払いの時は専用機器にかざすだけで決済ができます。そのほか、面倒な手続きや暗証番号の入力といった作業がないことも使い勝手のいい点です。

とても便利ですが日本ではあまり知られておらず、対応している場所も多くありません。

しかし、海外で使う時はVisa payWaveだけで支払いが済むこともあるため、海外へよく行く人や旅行の予定がある人なら用意しておくのがおすすめです。

通常利用と同じようにポイントがたまる

Visa payWaveでの支払いでもマイレージやポイントがためられます。紐付けしたカードがポイント還元のある物なら、使用金額の一定割合分が通常と同じように還元されます。

還元率は引き落としと同じものが適用されることが多いですが、算出は日本円で行われるため、海外で使ったら思ったよりたまっていたということもあるでしょう。

ポイントをためたい人は、payWave対応で還元率の高いカードを選ぶのも手です。payWaveでの支払いはすべてカードを経由するため、カードを使った後のことも考えておけば帰宅後にも楽しみができます。

おすすめのVisa payWave対応カード

Visa payWaveを利用するにはクレジット情報との紐付けが必要のため、人によっては対応したカードを別途で用意する必要も出てくるでしょう。

新しく作るなら、住信SBIの発行するデビットカードがおすすめです。デビットカードでVisa payWaveを使うと即時払いで決済ができ、使ったことが分かりやすくなります。

payWaveに対応していない店舗でも現金引き落としという形で支払いができ、電子マネーが使えない状況でも口座に残高があれば支払いが可能です。また、引き落としの際に口座の残高が足りない時は中断されるので、負債を抱えるリスクも後払いより小さくなります。

海外で重要な口座の管理がしやすくなり、金銭トラブルの回避につながります。

海外利用に向く口座を用意しておこう

Visa payWaveは電子マネーという形式を取りますが、口座から支払いを行うことは変わりません。

ただ、日本にある口座には海外利用に制限を設けていたり高額な手数料がかかったりするところもあるため、海外利用に向いているかどうかを調べておくことが重要です。もし向いていないなら旅行に行く前に新しく口座を作っておきましょう。

作った口座は、そのまま支払いで使う口座として機能します。あらかじめ買い物で使う費用を決めておき、payWaveで使う分をその口座に入れておけば、使いすぎることが少なくなります。

デビットカードであれば残高不足の時にも安心で、使う分がなくなったことも分かりやすいです。

海外用の口座を作っておくことで、よりお金の管理がしやすくなります。海外旅行ではお金に関係したトラブルが多く起こります。

電子マネーの利用によるキャッシュレス化など、トラブルを少しでも減らすために一工夫してみましょう。

電子マネーで金銭トラブルを回避

海外旅行で電子マネーを使うことは、支払いがスマートにできるだけでなく、余計なトラブルを避けることにもなります。

盗難など大きな問題も時々起こるため、口座のやり取りだけで決済ができるようにすることは安全確保の点でも重要と言えます。

せっかくの海外旅行を楽しむためにも、Visa payWaveでお金を安全に使えるようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です