海外旅行でクレジットカードを使う魅力とリスク

海外に行ったら現地でクレジットカードを使用すると便利なところもありますが、リスクも抱えることになります。

どのようなメリットとデメリットがあるのかを整理して、海外旅行中でクレジットカードを使用すべきかどうかを判断できるようになりましょう。

リスクには対策をしておけば大丈夫な部分もあるので合わせて紹介します。

クレジットカードは便利で現金より安心

国内でもクレジットカードの使用が進められてきていますが、海外でも多くの国で利用できるようになっています。

アメリカやヨーロッパ諸国などでは現金での支払いよりもクレジットカードの方が普通という場合が多く、支払いの手続きも現金よるスムーズです。

 

特に海外でクレジットカードを使うメリットとして挙げられるのが、持ち歩く現金を少なくすることができる点でしょう。

予め為替手数料も払って外貨を購入するのが一般的ですが、結局使わずに持ち帰ってきて、また手数料を払って日本円に戻すこともあります。

クレジットカードの場合はキャッシュレスで決済ができるので外貨はほとんど買わずに済むのです。

また、クレジットカードにはキャッシング機能も付けられます。国際ブランドのクレジットカードにすれば海外のATMでも現地の通貨を引き出すことができ、現金が不足したときにも困ることはありません。

一方、現地は治安が悪く、スリに遭ってしまって現金を失うこともあるでしょう。クレジットカードも盗難リスクはあるものの、すぐに利用を停止してしまえば使われてしまうことはありません。

特に高額の支払いのときには直筆でのサインやクレジットカードの暗証番号なども必要になるので、紛失してしばらくしてから利用停止をしたとしても大きな損失を生まずに済み、事情を話せばカード会社が調査をして請求を取りやめてくれる可能性もあります。

このように現金を持ち歩く必要性が低くなるお陰で換金の手間も手数料も少なくて済み、現地でも安心して支払いに使えるのがクレジットカードのメリットです。

クレジットカードを使用する注意点とリスク

海外でクレジットカードを使用するときにはその国で使えるブランドのカードを用意するようにしましょう。

国際ブランドを選んでおけば大抵は大丈夫ですが、VISAには対応していてもMasterCardには対応していないといった店舗もあります。念のため、二種類くらいは違う国際ブランドのクレジットカードを準備して渡航するのが賢明です。

 

また、海外ではスリなどによる盗難や紛失のリスクもありますが、スキミングもしばしば行われています。機械を通したときにカード番号などが読み取られてしまう危険性があるのです。

基本的にはATMなどのカード挿入口に小さな機械が取り付けられているので、何もおかしいところがないというのを確認してから利用するようにしましょう。

また、素性の確かな販売店でのみクレジットカードを使うようにすれば、悪徳店でスキミングされてしまうといったトラブルも起こりません。

付帯特典も考慮しよう

海外でクレジットカードを使うときには国内用とは別に準備するのも賢い方法です。

付帯特典に着目してメリットがあるカードを選んだ方がお得だからです。

海外旅行保険が付帯しているクレジットカードを持っておくと万が一のときに役に立ちます。その際の注意点として、利用付帯のものが多いことが挙げられます。

持っているだけでなく、その海外滞在に関連する支払いに使ったことがないと保険が適用されないのです。そのため、海外用に適したクレジットカードを作り、海外ではこのカードを使うと決めておくと安心です。

便利なクレジットカードを作って有効活用しよう

海外ではクレジットカードを使用すると便利です。

現金をほとんど持ち歩く必要がなくなり、さらに海外旅行保険が付帯しているものを選べば保険料も節約できます。

キャッシングもできるので、現金が足りなくなっても現地調達できるのもメリットです。

盗難やスキミングなどのリスクがあるのも確かなので注意は必要ですが、海外に行くときには準備していった方が楽でしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です